充実した休日を

ゲームの回復時間に考え事ひとつ。

私のジャンルに神がいます。読みました

 これ個人的にかなり好き。何周もしてしまった。何周もというか、何回も読んでしまった。今も読んでる。二次創作って同人誌くらいでしか知らなくて。この同人誌はエロ漫画みたいな感じ。でも作中に、の前に字書きってジャンルを初めて知ったかもしれない。絵描きがいるんだから、文字書きの字書きがいるのは当然と言えば当然なんだけども。多分、小説家になろうみたいなのとも少し違うんだよね。でもやってることは絵描きと一緒で、知り合いに絵描きで同人誌描いてるって人がいるから一緒にコミケ参加したことがあるくらい。オンリーのイベントも行ったことがあるから、そんな感じなのかなーみたいな感じですけど。色んな人の葛藤というか、こうなりたい!だったり、これは嫌だ!みたいなのが見れてすごい好き。やっぱり知らない世界を見るのは楽しいし面白いなぁ。色んなジャンルに手を出そうとはしてるけど、人から貰ったものとかで、それに触れると格別よね。なんだろう、元気をもらえるというか、クリエイター、表現者になろうとして頑張る姿好き。四月は君の嘘は個人的にクリエイターの教科書なんじゃないかと思ってる。ああ、四月は君の嘘に似てるのかなあ。頑張る瞬間と報われる瞬間が見れたから。そうかも。なんだろう、こう、好きで仕事にしてるわけじゃないけど、それが出来るってことはすごいことだと思う。はー好き。