充実した休日を

ゲームの回復時間に考え事ひとつ。

ブルーロック

才能とは己の能力を証明することだ。

運のカラク

運はどこにでも存在するものじゃなく

落ちる場所にしか舞い降りない

最後は運が勝敗を分けたのは間違いない

傍観して待ってただけのやつはそのチャンスを百発百中無駄にする

そりゃそうだよな、偶然に対する心構えができてないんだから

運は降ってきてから考えたってもう遅いんだ

その出現を想定して準備し

いつそれがきてもつかみ取れるように己を高め

そのチャンスが落ちてくる場所を見極めて待つ

そんな嗅覚を持つ人間にしか運の女神は微笑まない

退屈か不安か夢中になれる挑戦か。

目的を達成しようとするとき往々にして物事は予定通りにはいかない

教科書やマニュアルに書いてあることは机上の正解ではあるがフィールドのリアルの前ではただの空論に過ぎない。予定していた作戦が通用しなかったとき凡人はパニックになり失敗の原因探して安心したり、その修正に時間を費やす。これは敗者の思考だ。勝者は挑戦に切り替える

予定していた作戦が失敗しようとも

思い通りの道筋じゃなくても目的を見失わなければその状況は新たな挑戦になる

それが即興に必要な思考。指示待ち凡人入らない。自分の挑戦を自分で見つけられるエゴイストだ。

常に分析して理解して俺の進化につなげるために

君の中の世界一の君はなんて答える?

理想を明確に語ることは重要な行為だ。

俺はそうやって世界一に近づいてきた。

どんな才能ある人間もいつでも常にポジティブにいられるわけじゃない。弱音吐いたり怖気付いたり自信を失いたくなる瞬間は誰にでもある。そんなとき俺はいつも聞くんだ。今の自分じゃなく理想の自分ならなんていうか。

理想と一致しない自分を俺は絶対許さない。理想を追求しろ現実と戦え

 

 

英語の韻と日本語の韻

 Eminem - Godzillaという英語ラップがある。エミネムさんのゴジラね。最初にこれみたんだけど最初にこれみたんだけど、英語だから何言ってるかわからない。当たり前だけども。日本語訳読んだけど日本語の韻を踏んでない。当たり前だけど。ラップなのに韻踏んでないの??何がすごいの?って思って調べた。そしたら英語と日本語って韻の作り方が違うのね。

韻の種類

1.頭韻

頭韻はふるい、ふろう、ふあんていみたいに最初の言葉『ふ』で踏む。

2.脚韻

脚韻はさとう、さいとう、くどう、にほんとうみたいに最後の『とう』で踏む。

3.母韻

痛いくらい、らしくない

いあいうあい、あいうあいで『あいうあい』で韻を踏んでる。

4.子韻

日本語だと難しい。発音の韻。あす、クラス、クリスマスみたいに『あす』が同じ口の動きでできる。ぁす、くらぁす、くりすまぁす。みたいな感じ。

イントネーションでも変わるのかな。機械と機会ってきかいは同じだけど発音が違うから子韻では踏めてない。『いあい』の母韻で踏めてるから韻は踏めてるけど。みたいな感じかな。

 

で、日本語の韻の主流は母韻だと思う。聴いてもわかんないけど、書き出してみるとわかるみたいな感じ。いたいくらい、らしくないって言われても踏めてる??文字に書いてみるかあいういあ!あ!踏めてる!みたいな感じね。対して英語の韻の主流は子韻だと思う。これは動画で言ってたんだけど、アルファベットは細かく分解できて言葉になる。『スゥー』みたいに息の音みたいなのでも言葉になる。しかも発音の仕方によって言い方が変わる。例えばcanai。日本語訳で家内。かない。英語だと『きゃない』『カナイ』『キャンナイ』みたいに色んな発音ができる。だから英語読めないと歌詞カードを見たところでわからない。例えばI'm live rightこれぱっと見で韻踏んでなく無い?ってなるんだけどこえにだすとI'm『あいむ』 live『らあいぶ』 right『らぁいと』みたいに『あい』で踏めてるみたいにね。英語話せる人なら歌詞カード見てわかるかもしれないけどね。ブライアンさんが日本語ってラップだけレベル低くね?みたいなこと言ってたけど、作りの主流が違うんだよね。だから日本語で子韻だけでラップ作って?って言われても作れるかって話ね。大統領、終了、学生寮みたいにだいとうりょー、しゅうりょー、がくせいりょー、でりょーで子韻!って思っても大統領と終了は『うお』で母韻で踏んでるじゃん!みたいになるし。書き出してみたら同じ文字使ってるからわかるんだよね。あ!発音にするとこうなるんだ!みたいなのってあんまりなくない?なんだろ、言葉のリズムでゴリ押し?みたいなのってなくない?なんだろ。曲というか、1番と2番同じメロディーじゃんというか。これは当たり前なんだけど。その距離をグッと縮めたのがラップなんだろうけどさ。あー、わかった。日本語ラップって母韻の数で勝負してるんじゃないか?母韻5文字とか。長く作って勝負してる。だからリズム取るの難しいし、早口で詰めようとする。英語ラップは発音だから短いんだ。あい、うあみたいに。だからリズムに乗りやすいんだ。大切にしてるものが違うみたいな感じするなぁ。日本語は言葉の並び、順番を気にしてるけど、英語はリズムを大切にしてる気がする。英語の場合、いあ、うあ、いあ、いあ、いあ、いあ、うあ、いあ、うあ、みたいにいあ、うあの組み合わせを順番通りにしてないんだ。いあ、うあが入っていればいい。出来ればいあ、うあの順番にしたいみたいな。日本人はいあ、うあ、いあ、うあ、いあ、うあ、みたいにいあとうあで揃えるならいあでうあ、いあでうあみたいにきっちり揃えたがるのかな。たぶん英語は子韻、日本語は母韻で踏みたがるから作りが違うからそうというか。日本語でも子韻で作るならそう作るわ!ってなるかもしれないけどね。リズムを大事にしたいね。

何の動画か忘れたけど

 何の動画か忘れたけど、文節というか単語の区切りを変えつつ、文字数は合っていて韻を踏むのが大事なんだって。固有名詞を使わず、読めて意味が通るようにするんだって。南極で迷子ペンギンをパイオツデカい子天使で韻踏んでるのほんとすごいよね。あおうえあいおえいか。南極でを韓国でとかで韻踏むのが普通なのかな?って思ってたけど。確かになんかへんなところでくぎってるんだけど、読めて意味が通ってるよね。んは0文字カウントだから文字数はずれちゃうけど。きょって、いお?お?いおにしないと韻踏めてないよね?どうなんだろ、、。ん?やっぱり踏めてなくない?

ブライアン

 ブライアンさんの日本人ラップつまんなくね?みたいな動画を見てみた。その動画はブライアンさんのフロウはそのままでリリックのライムに色つけてくれてたんだけど。最初は全然理解できなかった。リズムに乗って歌ってるだけ?韻踏んでる??くらいだった。少し調べたらリリックは歌詞。ライムは韻を踏む。フロウは歌詞にメロディを乗せる。らしい。ライムとかフロウって言われてもライム?果物だっけ?フロウ?風??みたいに思ってた。ウケる。どうせだったら記事をフロウは無理でもリリックにしてライムさせることはできるんじゃないかと思う。目標は全部ライムさせたいね。言葉遊びめっちゃ面白いと思う。手順はわからないけど、一回書きたいことバーって書いて、変換させてるのかな?多分僕は器用じゃないからリリックノートみたいなのは無理だし。ちょっとずつ更新していこう。

レインボーガール

 なんかめっちゃ久しぶりに聴いた。古き良きニコニコというかね。最初曲名出てこなかったんだよね。二次を虹に訳してガールで虹ガールって思ってたらレインボーガールなのね。ニジガールじゃないからそらでんわ。2分半で出会いと別れを表現できてるのほんとにすごいよね。やばいわ。

マジカポイントのプラチナ会員

 どうやらマジカポイントのプラチナ会員になるには200万円分の買い物をしないといけないらしい。ドンキで200万も買い物できるなんてある???って思ったけど、プラチナ会員になるには『せどり』というのをするらしい。

 いやいや、せどりってなに??ってとこからなんだけど、まぁ、転売みたいだね。安く買って高く売る。500円の利益を20個売れば1万円の利益だよ!みたいなことが書いてた。株とかFXと同じなのに、妙に叩かれる転売。世間の転売はプレミアがついてるオークションって感じだよね。ほら、お前ら限定〇〇個だからこれしかないぞ?定価の5倍くらいの値段だけど、もちろん買うよなぁ???みたいな感じよね。僕の転売ヤーのイメージってこんな感じ。タチが悪いのはもうそれを買うしかないってことよね。再販とかされないし。売ってないから高くても買うしかない。好きな物には値段問いません!みたいなファンから金奪うイメージしかない。売れちゃうもんだから調子乗って値段上げる倍々ゲームで売買開始よね。はーゴミ。問題なのは、欲しいから買うなのか、転売するために買うなのかがわからないところよね。お一人様一個限りにしたところで、大学のサークルとか、ネットで数合わせて買えばいいわけだし。全部が全部プロダクト認証何時間以内とかで設定できるわけじゃないしね。売る側も欲しいから買ったんでしょ?みたいな感じだろうし。まぁ、限定何個って感じにしなきゃいい話なんだろうけど、生産コストとかそこらへんの話もあるだろうし。1回で50個ずつしか作れません!欲しい人は52人です!ってなったら48個余らすことになるしね。1個ずつは作れません!みたいな感じなんだろうなぁとは思う。

 ああ、ドンキの話だったね。5%ポイント還元の為に叩かれる転売ヤーになって200万円分を購入する必要はあるのだろうか?まぁ、僕のイメージの転売ヤーがゴミクズ想定だけど。普通に5000円のものがドンキで3000円になってて。セールが終わった後に4000円で売るみたいなことをしてるんだと思うけど。ドンキまでの移動代に物を置く倉庫、空き部屋。商品を梱包するプチプチ。需要の相場。色々な条件が噛み合わないときついんじゃないの?

 てか普通にさ。50人くらいにマジカのバーコードの画像渡してこのカードで買い物してってやった方が早くない?チャージ型だし、トラブルは起きるかもしれないけど。もうほんとに自分が使う分だけ毎回入れてみたいになるだろうね。まとめてぼんって入れたら他の人に使われる可能性高いし。カード番号入力複数人出来んのかな?やっぱり画像でやった方いいよね。200万とはいえ1人1ヶ月2万とかなら100人ですむし。普通に連続して使うだろうから常時プラチナ会員なるだろうし。常時5%のポイントでうまうまじゃん。問題はこのルールを飲み込める人が100人くらいいるかどうかよね。まぁ1年で20万くらい使う人が10人いればいいから頑張れば見つかりそうだけどね。この考えでいくとさ。ポイントカードってほとんどアプリとか画像のバーコードになってるじゃん。何のポイントかーどでもいいけど日本中のポイントカードをスマホで読み取る時に全部自分のに出来たらポイントだけで数億とか普通にいくよね。たぶん。世界中でもいいけどさ。ひとり1ポイントとかでも6000万人が使ってれば6000万円よ?Suicaってよくわからんけど、ああいう交通機関系でポイント導入されてるならもううはうはよね。あ、Suicaはチャージ型だからマジカと一緒か。じゃあだめや。Tポイントとか、Pontaポイントとか、楽天ポイントとか。そこらへんで使用者のポイントを全部自分のに出来たら億万長者よね。

ロットの適正値

 この間のというか今月のかな。FX10万円チャレンジの記事でも言ったんだけど。ロットの適正値ね。調べるのが甘いからかもしれないけど、どこにも載ってなかったのね。経緯としては、FX10万円チャレンジはほぼ毎月やってて、まぁ、ロット目一杯で賭けるから3日持たないのね。10万円で3ロットとか、1ロット賭けてるわけ。損切りもしないからコツコツドカン でアボンだったわけ。一回勝ってからガツンと負けるからもう放心状態ね。勝ってたのに!うわああああああー状態ね。もう抜け殻なワケよ。才能ないんかな?でも勝ってたし?みたいな。悶々として数日で忘れて。給料入ったらガツンと勝負。即負けの繰り返しね。これが海外FXの話。これとはまた別に国内FXもやってた。こっちは勝ってたのね。10万円で半年持ったの。同じ10万円なのになんで???って思って調べてみたら、まぁ、国内と海外でレバレッジは違うわ、なんやかんやで全然別物だったの。ざっくりだけど、国内だと5万円で1ロット。海外は1500円で0.01ロットだった。けど、この国内の1ロットって海外での0.1ロットだったわけ。しかも国内だと5万円からスタートだから1500円入れたところで何にも出来ない。まぁ、もう少し賭け金調べたら国内の0.1ロット分と海外の0.1ロット分の賭け金を割ったら35倍だった。約5万を約1500で割るとね。5万から1500割ると33.3だから、国内は少し高い。5万ちょい。だから35倍。何が言いたいかというと、海外でもこのくらい余裕を持って賭ければ破産というか退場しないんじゃないかなって。

 そこで0.01ロットを1万円で抑えれば35倍に、、、ならんな。10000を150で割れば66か。5000で33.3倍か。あれ?なんかおかしいな。なんで10000で0.01ロットになったんだっけ。あ、キンか。金だと33倍か。あー。うーん。まぁ、1万円で0.01ロットの方計算しやすいし。これでいいか。今のところいい感じよ。0.1から0.18にロット変えたら15連敗とかしたけど。今のところトントンまで持ってこれてる。かなりいい感じする。